カードローンの元金均等返済

元金の返済額は毎回同じ

元金均等返済は、カードローンの返済法の中でも元金の返済が早く進む方式で、最終的には支払う利息の総額が少なくすむスタイルです。返済するときには、元金部分の返済額が一定で、それに利息をプラスした金額を毎回返済していきます。デメリットとしては、支払をスタートしたばかりの時に返済負担が大きくなります。たとえば、100万円を借り入れて、金利3パーセントで、通常は毎月返済になりますが、年に1回の返済で計算すると、毎回の元金の返済額は10万円です。そして、支払う利息の金額は100万円を金利3パーセントで借りているので3万円になります。そのため、1回目の返済額は元金部分の10万円と利息の3万円を合わせて13万円です。2回目は借入金額の残債が90万円になるので、利息は2万7000円となり、12万7000円を支払うことになります。

利息支払い合計を計算して把握

利息返済額の計算は、各回元金返済額に当該回次からマイナス1したものを乗じて、借入額からマイナスしたものに、金利を乗じたもので計算できます。そのため、5回目の利息計算は10万円に4を乗じて100万円からマイナスし、そこに金利3パーセントを乗じるので、1万8000円になります。このように、利息部分の返済額は回を追うごとに減っていくシステムです。この元金均等支払における利息合計を計算するのなら、まず、元金を返済回数で割り、返済回数にプラス1したものに返済回数を乗じたものを2で割ったものを乗じます。その数字に利率をかけるので、100万円を金利3パーセント、10回支払で借りているのなら、10万円に55を乗じて、利息の3パーセントを乗じると、16万5000円と計算することが可能です。そのため、この条件下で返済していくと利息も合わせた返済総額は116万5000円ということになります。

© Copyright Make Repayment Plan. All Rights Reserved.