定額リボルビング方式のカードローン

そもそもリボルビング方式とは

リボルビング方式は、毎月の支払いを一定額にすることができる支払い方式です。毎月の支払いが一定額になることで支出の管理がしやすいメリットがあります。ただし注意点もあり、支払額が定額であれば支払う利息も少なくなるため、なかなか元本が減らないことになります。これを避けるためには、各カード会社で利用できる支払い増額の仕組みを用います。余裕がある時には一定額以上の支払いをすれば、元本に充当される額が多くなる結果、元本が減るスピードを増やすことが可能です。カードによってはATMで随時入金して返済に充てられるものもあり、この場合はその時までに発生している利息分を引いた分がすぐ元本に充当されるので、増額と同じく元本を早く減らしていくことができます。

定額リボルビング方式の仕組み

リボ払いにはいくつか種類がありますが、定額リボルビング方式はシンプルです。元本がいくらであろうと、最初に設定した額だけを支払えばよいようになっています。そのため、たくさんの買い物をしたとしても支払いは増えないので毎月の支払いが負担にならないというメリットがあります。一方、元本が増えれば利息の額も大きくなるので、支払額を従前と同じに設定していては元本に充当される割合が少ないので、支払い期間が間延びしてしまいます。ただし、適宜増額をしたり支払額を元本が増えた時に増やしたりすれば、そのようなデメリットも解消することができます。リボ払いは危険といわれることが多いですが、個々人の使い方次第でよくも悪くもなります。

© Copyright Make Repayment Plan. All Rights Reserved.